iphoneのあるあるトラブル~故障で充電できない!~

タッチ

交換時期目安は2年です

作業着の女の人

iphoneはとても便利なものです。最初からいろいろな機能が付いていますし、またアプリを入れれば自分好みのiphoneにすることもできます。しかしそんな魅力的なiphoneはいつもどこででも使って遊ぶことができるためすぐに電池の残量がなくなってしまいます。そんな時には充電を行ないますが、充電しても充電しても最近電池の消耗が早くなったと思っている人はいませんか。それはバッテリーが劣化してきたということです。充電してもすぐに充電が無くなるようになるとバッテリーを交換しなければいけません。iphoneバッテリー交換はアンドロイドスマホのようには簡単に交換することが出来ません。ですのでiphoneバッテリー交換をしなくていいように気をつける必要があります。バッテリーの持ちを良くするにはいくつか気をつけるポイントがあります。iphoneだけではなくどの電子機器もそうですが保管する環境を気をつけることです。気温が40度を超える所や氷点下になる場所にiphoneを置きっぱなしにしないようにしましょう。気温が40度越えることがないから大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが、夏の車の中は平気で50度を超えることがあります。車の中に忘れたままにしないよう気をつけましょう。またこれが一番重要ですが充電が完了したらすぐに充電をやめましょう。このようなことを守ることでiphoneバッテリー交換するタイミングを遅らせることが可能になります。しかしiphoneの充電は400回を想定されて作られています。2年持てば良い方なのでそれ以上のバッテリーを使っていてもちが悪いのであればiphoneバッテリー交換をおすすめします。iphoneバッテリー交換はiphoneの修理専門の店で行なうことが大切です。